スマホ版ヘ

2018年11月16日(金)

同志社大学社会学部メディア学科

noimage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ◇ ◆  就職活動体験日記  ◆ ◇ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内定先
日本電子計算株式会社

■「内定塾」入塾理由
4月初めの採用面接にて1次面接落ちが重なり、早めに改善しなければならないと考えたため。一人で改善するのは無理だと考え、インターネットで就活塾を探した。
その中で内定塾を見つけ、実績があること、アクセスが容易であること、などの理由から内定塾に就活を手伝ってもらおうと決めた。
なお、最初は大学のキャリアセンターを活用しようと考えたが、自宅から遠いうえに上から目線の全く役に立たない「アドバイス」しかもらえないため利用しなくなった。

■「内定塾」利用の仕方(どう活用したか)
・自己分析と自己PR作成
・模擬面接(個人・グループ)
・模擬面接(撮影あり、個人)
・模擬グループディスカッション
・自己PR・エントリーシートなどの添削
・相談(向いていそうな職種、業界、どこを優先的に改善すべきか、など)
・外部のアドバイザーを招いた相談会
・外部講師のセミナー
・休憩
・他の利用者との情報交換
・自習室の書籍閲覧
・講師控室のエントリーシート、面接についてのデータベース閲覧

他者の視点から自身の改善すべき点を指摘してもらい、それらを直していけるよう心掛けた。

■就活開始~就活終了までの動き
2012年6月:リクナビなどがプレオープンしたため登録。

8月:某中小企業にて5日間のインターンシップに参加。営業同行、知財研修などを経験。

10月:大学主催の就活セミナーに参加(キャリアセンター)。

11月:大学主催の就活セミナーに参加。外部企業を招き業界についての説明を聞くもの。
   やりたい仕事が思いつかなかったため、空いている時間は手当たり次第に説明会に参加した。

12月:企業の個別説明会に参加(大学にて)。エントリーシートの提出が数社ほど。

1月:説明会参加とES提出で月の大半を過ごす。
   Webテストを行う企業も。玉手箱の対策をまったくしておらず、大手企業はここで選考落ちとなるケースが多かった。
   また、一応自己PRなどは完成していたが、あまり外部の人からアドバイスはもらえていない状況だった。

2月:面接、GDを数社で経験した。ES提出のピーク。1月提出分の結果が芳しくなかったため、金融業界にもエントリー開始。
   説明会には引き続き参加した。2月頃から3月にかけて、関西電力、新日鉄住金、NTT西日本、みなと銀行などでリクルーター面談があった。

3月:面接に気を取られそちらの対策に時間を割いていた。説明会参加数は減り、2月にたくさん提出したという意識もありESもあまり提出しなかった。

4月:ESが通過したほとんどの企業で選考開始。4月1週目でほとんどの持ち駒を失う。
   説明会への参加も継続していたが、「規模が小さい」「ブラック企業っぽい」などの難癖をつけていたため、1~3月ほどは説明会に参加しなかった。
   選考が進んでいた「くらこん」に望みをかけたが、結局不採用。このまま就活を続けても結果は変わらないという確信もあり、4月下旬内定塾に入塾。

5月:4月の面接で通過した関包スチールの選考に引き続き参加。
   初旬に最終面接を受け、中旬に内定をもらう。就活を終えようかとも考えたが、結局就活を継続することにした。
   内定がひとつあるということが少なからず自信に繋がった。その後はIT業界に絞って活動した。

6月:5月に説明会に出席した企業の選考が本格的に始まる。1次面接で落ちることは少なくなったが、最終面接まで進めたのは2社。
   そのうちの1社である日本電子計算から内定をもらい、就職活動を終える。もう1社のNECネクサソリューションは選考辞退。

■苦労したこと
玉手箱形式のwebテスト:
リクナビなどの模擬テストで高得点を取っていたため調子に乗りwebテスト対策をほぼしなかった。就活が本格的に始まり、SPI以外のテスト形式がよくあることにようやく気付く。
対策してからはあまり落ちることはなくなったが、いくつかの企業は対策不足から落ちてしまった。SPIはほぼ問題なく通過。

面接、GD:
学生時代の経験が少なく、まずエピソードを作るのに苦労した。自信なさげに話し、エピソードの練りこみも不十分だったため、ほとんどの面接で失敗する。連鎖的に覇気、元気もなくなっていき負の循環に陥った。
「面接で素の自分を見せる必要はない(暗い部分をわざわざ出す必要はない)」と割り切ってからはかなり改善されたが、それまでは1次面接でほぼ全滅だった。
GDは10回程経験したが結局負け越した。なぜここまで不合格だったのかは今でもわかっていない。

■後悔していること
説明会参加に時間を割き、自己分析などに時間を割いてこなかったことは反省している。「参加した」という妙な満足感が生まれ、人事の発言をメモしただけで就活をしている気になっていた。11月以降に参加したセミナー、説明会は200近いが、行動の質を高める努力をするべきだった。
大学では高成績の維持と資格の取得に力を入れていた。が、微塵も役に立たない。どうしても取りたいなら普通免許と日商簿記検定2級くらいで妥協するか、公認会計士クラスの価値ある資格を取るしかない気がする。
某信用金庫では「資格だけ見たら即戦力だけど、理性や常識が通用しないあれくれ者たちと君は渡り合えるのか?」といった趣旨の発言をされたこともある程に知能面は重視されていない。もちろん落ちた。
卒業に響かない程度に単位を取り、アルバイト、サークル、旅に時間を割いたほうが絶対に良かった。

■成功の秘訣(自己分析)
他人のエピソードと「すごさ」を比べず、「何が人と違うのか」をアピールできるエピソードを探す。
一人で自己分析をすると広がりが生まれず、堂々巡りになるので可能ならば他己分析をしたほうが良い。そうすることでスムーズに作業が進むが、相手を間違えると自信喪失につながり逆効果。相手は選んだほうが良い。
最終的に自信を持ってES・面接で使えるエピソードは4つしかなかったが、なんとか乗り切れた。精神の安定を望むなら12月頃までには形だけでも複数のエピソードを用意しておいたほうがいい。

■成功の秘訣(ES)
結論から書くこと、掘り下げるべきことをひとつに絞ることのふたつを意識すればなんとかなる。あとは自己分析を通じて作成した自己PRや学生時代に頑張ったことについて書き言葉でまとめるだけ。
欲張って書きたいことを全て書くと話が二転三転してわかりづらい文章になってしまい、何より面接で話すことがなくなるので要所だけ抑えて書けば良い。「勉強頑張りました!」系のアピールは内容にもよるが基本的にウケが悪い。

■成功の秘訣(面接)
結論から述べること、聞かれたことだけに答えること、簡潔に答えること、質問の意図を理解しようとすること、の4点が重要。
「アピールしまくろう!」と考え自分が伝えたいことを延々と述べても面接官はうんざりするだけで評価は下がる。全てを伝えようとすると緊張もするし、会話のテンポも悪くなる。逆に、用意してきたことを全てアピールできなくても、的確に質問に回答できれば「人の話をよく聞き、端的に答えることができる学生」として評価は上がる。はず。
「人と話すのが苦手だ」と思っている人でも、私がそうだったように何回も面接を経験すれば少しずつ改善はされていく。そのため、場数を踏んだほうがよい。緊張して詳しく説明しようとすればするほど着地点を見失い自爆するので、緊張しないための事前の準備が大切。
面接後は自身の回答を振り返ることも重要。面接官のウケなども参考に話す内容は随時変えていくべき。

■成功の秘訣(GD)
自分の意見を述べつつ、暴走している人をうまく誘導することができた回は受かった。

■どう成長したか
人前で話すことに若干慣れた。が、数値換算すると-10000が-1000になった程度で、未だに人前で話す際は緊張する。
また、人に頼ることが嫌いで何でも自分だけで処理しようとしてきたが、就活を通じて人に頼ることも多少覚えた。根本的な性格はあまり変わっていない。

■就活を振り返っての感想
新卒の切符を失うと後がないというプレッシャーが強く、精神的に辛い時期が長かった。地下鉄代や昼食代でジワジワと貯金が削られることも苦痛だった。
最終的には、社風が合いそうな企業から内定をもらえたため現時点では最後まで動き続けて良かったと思っている。

■講師に一言
大阪校講師のお二人には本当に感謝しています。模擬面接日でない日も私の相談や模擬面接に付き合ってくださったりきちんとしたアドバイスをくださったおかげで、話す内容と態度の両面が改善され面接での勝率が格段に上がりました。夏までに就活を終えることができたのも講師の方々のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

■後輩に向けて一言
一部の人を除いて、就活は予定通りに進まないし、終わりません。就活が本格化する前に資金は貯め、4年次は授業数も最小限になるよう調整しておくと楽です。
選考については本当に「運」で通過する人もいれば落ちる人もいます。ただ、「運」が作用してくるのは自身の問題点を改善した後になります。
ESが通らない人は文章の見直しをしっかり行い、面接がうまくいかない人は模擬面接を徹底するなど、根本の問題を解決しなければ実力不足で落ち続けます。焦って説明会の参加数やESの提出数を増やすのではなく、まずは自身が持つ問題の改善に努めたほうが良いです。
また、「合同説明会は無駄」「就活本は役に立たない」といった他人の意見に振り回されないよう気を付けましょう。人の意見を鵜呑みにしてチャンスをつぶさないよう、自分の目で確かめることも重要です。
最後に、大学で友達が全然いなくても、妙な学部学科に在籍していても内定はもらえます。こうした問題で悩んでいる人は悩む暇があったら内定塾で模擬面接をしてもらいましょう。自分のペースで就職活動を頑張ってください。

Pocket