スマホ版ヘ

2015年12月01日(火)

就職活動全般:保護者向け「エントリーシート作成時のサポートについて」

本日からエントリーシートを提出するときのサポートについてお伝えしていきますが、今回はそもそも「エントリーシートとは何だろう?」ということでエントリーシートについて解説します。

企業の新卒採用に応募する際、最初に提出する書類を「エントリーシート」と呼びます。履歴書のようなものですが、いくつか独特の決まりごとがあり、最初の選考であるだけでなく、ほとんどの企業は面接のときにこのシートを参考資料にしています。

エントリーシートの提出時期や提出方法は、お子様の志望する業界や企業によって異なります。提出方法は、基本的には「手書き」と「Web」の2種類になりますが、インターネット経由の「Web」が約7割占めているのが実情です。ただ、提出書類は手書きでと考える企業も多いため、まずはWebで提出させ、選考時に手書きの書類を持参させる場合もあるようです。

シートの形式は、履歴書と同じように氏名、所属大学・学部などの基本データを記入する欄と、企業からの質問に答える欄とに分かれています。質問の内容は大きく分けて「自己PR」と「学生生活で頑張ったこと」「志望動機」「将来の展望」に集約されます。どの質問項目も文字数は企業によってさまざまですが、「400字」とする企業が多いようです。事前にWordなどで400文字で作成しておくと良いでしょう。

※100文字、200文字、300文字、400文字、600文字、800文字で作成しておくと効率よく提出する事が可能です。

「内定塾」就活コンサルタント 齋藤

Pocket