スマホ版ヘ

2015年07月03日(金)

就職活動全般:リクルーター面談時の持参物

島津先生2016年卒の就職活動から「リクルーター面談」が活発に行われています。リクルーター面談とは、企業の方から個別に連絡をいただき、選考とは別に面談を行うものです。実際は選考に進む学生を選別する行為になっていると言っても過言ではありません。

 

選考に直結する可能性があるからこそ、少しでもアピールしようと必死になります。ただ、企業のリクルーターは多くの学生に接触するため、志望度が低いと判断すると次回面談に学生を呼ばなくなります。そこで、学生の皆さんには短時間で皆さんのことをアピールできるよう「自己紹介シート」をリクルーター面談時に持参することをオススメします。これは、ワードやエクセルなどで作成したものです。記載項目は「氏名」「学歴」「自己PR」「業界の志望動機」「企業の志望動機」など何でも構いません。大学指定の履歴書を持参する形でも結構ですが、履歴書ですと自身がアピールしたい項目とズレが生じている可能性があります。そのため、オリジナルで作成することをオススメしたいです。

 

 

「内定塾」講師 島津 裕之

Pocket