スマホ版ヘ

2015年07月01日(水)

インターンシップ:「インターンシップの中で自分の将来を想像する」

大学3年生の皆さんはインターンシップに参加するための選考に臨んでいることと思います。

皆さんがインターンシップ先を選ぶ際、志望理由は様々あると思いますが

「この企業の商品が好きだから」「小さい時から知っている企業だから」「こういう仕事に興味を持っているから」このような理由でも十分であると考えます。もしかしたら「みんなが参加しているから自分も参加しないといけないと思って・・・」と思い参加する学生もいるかもしれません。

私は、インターンシップを志望する理由はどうであれ、参加される際には「この企業(業界)で働いたら将来はどの様になるのであろうか」と自分の今後を想像しながら取り組んで欲しいと考えています。

会社に入社すると40年間そこで働くことになります。ですので、目先の3年〜5年の自分を想像するだけでなく、20年目は何が出来て30年目はどうなっているのかと考える必要があるのです。

インターンシップの中で様々な層の社員に触れ合う事ができるのであれば、積極的にコミュニケーションを図り、ご自身の将来と重ねてみるのもよいと思います。

ぜひ将来と向き合い、実りのあるインターンシップにしていきましょう。

「内定塾」 講師 谷川

Pocket