スマホ版ヘ

2015年06月01日(月)

面接:最終面接の不安対策

竹村先生今回は、「最終面接」についてお話しいたします。

ご覧頂いている学生さんも最終面接に進んでいる人も多いのではないでしょうか??

 

最終面接。それは、、、「第1志望であること」をどこまで印象づけられるかが勝負

です!
「最終面接とは入社の意思を確認する場」と考える人も多いかもしれません。

勿論、その方式の企業もあります。
しかし、近年、最終面接でも不合格になる人が増えているのも事実です。

なぜでしょうか?

 

それは、最終面接とは多くの企業で、役員や担当部長などの役職者が面接官を務めることが多く、「自身にはどんな能力があるのか、業界・企業研究がしっかりできているか」という今まで問われてきた志望動機や自己PRに加えて「自社で採用すると、どんな活躍をしてくれそうか、本当に入社する気があるのか」という質問に重きが置かれてきます。

 

つまり、この時点で不合格になるということは、合否の判断においては“人物評価”では合格であるにもかかわらず、自社に「合う、合わない」「来る、来ない」という点が重視された結果「合わない」「来ない」と判定された、ということなのです。

 

ここで重要なことは「内定を頂けたら必ず御社に入社します」という強い意志を見せることです。

企業にとって最も恐れるのは、「内定辞退」です。

能力が同じで、第一志望群の人と第一志望の人がいたら企業は果たしてどっちを採用するでしょうか?

つまり、多くの企業の最終面接の成否は『第一志望であることをいかに強く印象付けるか』で左右されます。

「第1志望の企業はどこですか?」と質問されたら「御社が第1希望です!」と即答し、その理由もきちんと納得させられる回答が出来るように事前に準備しておきましょう。

 

以上のことに気をつけながら、最終面接を突破して内定を勝ち取ってください。

 

 

内定塾  竹村康孝

Pocket