スマホ版ヘ

2015年04月17日(金)

名古屋校舎塾長コラム④ 【就活生に送る、就活情報】「総合商社について」

 

希望する業界は?「商社を希望しています」

理由は?「途上国の発展に貢献したいです」「グローバルに活躍したいです」

といった話を耳にします。

しっかりと希望する業界について調べ、各社がどの様なビジョンを持って事業を展開しているのかを理解しましょう。また自身の強みがどの様に活かせるのか、企業にどう貢献できるのかを考えてみてください。
そこで、本日は商社を希望する就活生の皆さんに向けて「総合商社」について解説します。

【総合商社】多品種のものを大量に取り扱う、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日の7社が挙げられます。日本の売上高トップ10企業のうち4企業が総合商社です。
総合商社の事業は資源事業のイメージが強いかと思いますが、近年、新興国経済の減速で資源事業が低迷し苦戦しています。反対に、機械や食料、生活産業などの分野が業績を押し上げています。総合商社は資源事業のみではなく、資源以外でも安定して収益を稼げる事業を広げていく方向となっています。先に述べたように新興国経済の減速で資源事業は低迷していますが、反面、商社の重要性が高まっている市場も新興国です。アジア・アフリカでは人口の増加に伴いインフラ整備の需要が拡大しています。このように、総合商社の非資源事業にも目を向けていきましょう。

内定塾名古屋校 塾長 吉田征史

Pocket