スマホ版ヘ

2015年04月09日(木)

名古屋校舎塾長コラム① 「女性が活躍する会社の見極め方について」

 

アベノミクスの3本目の矢である成長戦略の中核として、女性活躍の推進が挙げられています。女子塾生やセミナー参加者の多くも「どこの業界・企業でなら女性が活躍できるのか」は一つの焦点となっています。そこで、今日は女性が活躍する業界・企業の見極め方のヒントなどをお伝えます。

■見極めのヒント・女性が活躍する土壌、必然性があるか 製品開発などにおいて女性の力が必要である業界では、当然のことながら女性活躍の場が十分にあります。女性に向けた取り組みがされているのかについて調べることは見極めの一つになります。・女性が重要なポジションについているか 企業説明会などはもちろんのこと、面接時など採用活動において企業で働く女性の役割を見ることもポイントの一つだと考えます。どのような立場で採用の仕事に携わっているのかを知ることは、見極めのポイントになります。

■面接などでの質問について 「女性の活躍を推進するのはなぜか?」といった質問

■資料などを見るポイント具体的な目標数値が掲げられているか。「女性幹部を何倍にする」といった抽象的な数値ではなく、「○○年までに現在の○%を○%にする」といった具体的な目標数値が掲げられているのかも見てみましょう。政府は「2020年までに指導的な地位に占める女性の割合を30%にする」という目標を掲げています。

■自身の適性にも注目管理職として働くイメージが持てているか、その資質を備えているかを理解することも重要なポイントです。管理職に求められる資質が、自身の大学生活などで発揮された強みなどと合致するかは、働き方にも直結する大切な要素であると考えます。自己分析などを通して今一度見つめてみてください。

最後になりますが、女性の働きやすい会社は男性にとっても働きやすい会社である可能性は高いと考えます。表面上で見られる数値や、言葉に左右されること無く、しっかりとした見極めをしていきましょう。
内定塾名古屋校 塾長 吉田征史

Pocket