スマホ版ヘ

2014年12月17日(水)

インターンシップ:1dayインターンシップって参加する意味がありますか?

島津先生「1dayインターンシップって参加する意味がありますか?」

 

ここ最近内定塾の塾生以外にも内定塾説明会や就活セミナーに参加していただいた多くの学生から質問をいただく内容です。

結論は『参加する意味がある』です。理由は以下のとおりです。

 

◆企業のインターンシップ実施目的が「一人でも多く優秀な学生と接点を持ちたい」であるため

企業は「一人でも多く優秀な学生と接点を持ちたい」と考えています。そのため、1weekインターンシップでも1dayインターンシップでも企業の目的は変わりません。

 

◆企業はインターンシップに多額の資金をかけており成果を出したいため

インターンシップ開催には多額の資金が必要になります。会場代、お弁当代、飲み物代、遠方から参加する学生への交通費・宿泊費などなど・・・数十人規模でもかなりの出費となります。そのため、インターンシップを開催するからには何か成果を出したいのです。成果とは具体的には「優秀な学生に出会う」「優秀な学生に本選考を受けてもらう」「優秀な学生に内々定を出す」の3つがメインとなります。

 

 

2015年卒までの先輩に相談すると「1dayインターンシップは参加する意味がない」と言われることが多いと思います。ただ、それは2015年卒の就活生までです。2016年卒は大きな転換期です。企業の実施目的を考えて1dayインターンシップにも積極的に参加してみてください。

 

 

「内定塾」講師 島津 裕之

Pocket