スマホ版ヘ

2014年12月01日(月)

就職活動全般:筆記試験について

竹村先生皆さん、SPIなどの筆記試験対策は進んでいますか??

就職活動が本格化してくると、面接対策・ES作成・説明会の為の会社訪問など忙しくなる為今のうちに試験の対策は進めておいてくださいね!

 

 

 

さて、実はSPIは「出題領域が決まっている」という事をご存じでしょうか??

事前に出題領域が決まっている試験は「対策した者勝ち!」「解き慣れた者勝
ち!」です。

 

ここでは、言語問題と非言語問題の出題領域をお伝えいたします。

 

言語問題

出題領域は、【語彙理解】【文法理解】【言語的アナロジー】【長文読解】の
4つです。

 

 

非言語問題

出題領域は、【表記法】【論理的課題】【進法】【推理・推論】【確率・集合】

【公式理解】【表活用】【グラフ活用】【数的処理】の9つです。

 

 

また筆記試験対策において大切なのは、「今、自分がどれくらい解けるのか?」を知ることです。

学校でSPI模擬試験を行っているのならば、是非受験してみてください。

受験結果を参照すると、自分の得意領域と不得意領域がわかります。

それを踏まえて、不得意領域を念入りに繰り返し問題集を解きましょう。

自身の採点結果を学内や全国平均値と比較して

今の自分の実力を知るという事がまず大切なのです。

 

 

 

内定塾  竹村康孝

Pocket