スマホ版ヘ

2014年11月07日(金)

その他:TOEICの勉強方法

就活の時期が近づくにつれて話題になるのが「TOEIC」です。企業毎のエントリーシートにもTOEICの点数を記入する専用の欄が設けられているところもあり、就活生になると勉強し始める方が非常に多いです。今回はその勉強方法について簡単にお伝えします。私は下記のやり方で500点から890点まで半年で上げましたよ!

 

 

 

1.リスニングはひたすら音読

TOEICは通常リスニングとリーディングの2分野から成り立っています。(スピーキングとライティング専用のTOEICもあります)基本的にはリスニングの方が伸びやすいですので、点数を伸ばしたい人はまずはリスニングから意識しましょう。対策としては、英文をひたすら音読することに尽きます。ただし「音読する文章の英文および和訳がしっかり頭に入っていること」が非常に重要です。洋楽を毎日聴いていても英語ができない理由は、英文と和訳を理解していないことが原因ですので、英文も全て理解し、かつ和訳できる文章をひたすら音読することでリスニングは飛躍的に上がることでしょう。

 

2.リーディングは解く順番に勝機あり

リーディングは単語を覚えることや文法を理解することが基本的な部分ですが、それらと同じぐらい重要なのが「解く順番」です。特典の配分として最後の長文問題が大きいのですが、時間が無い人は最後の問題まで辿り着かない場合が多く高得点源を逃している現状があります。ですので、長文問題から順番に解いていき、文法問題に関しては分からなければ適当にマークしてどんどん次に進むようにしたほうが良いでしょう。またそのために「TOEICテスト新公式問題集」で実践練習をしながら、自分のペースを把握して臨んで下さいね。

 

内定塾講師 池田陽介

Pocket