スマホ版ヘ

2014年10月28日(火)

就職活動全般:就活は難しくない

 

就活に対して過度に不安やプレッシャーを感じている学生が多く見られますが、実際は本当にシンプルです。「自分が何をしたいのか」「自分はどういう人間なのか」の2点を意識すれば特に問題ありません。

多くの学生が壁にぶち当たる理由として「全く興味のない業界を目指している」ことが挙げられます。説明会で少し説明を聞いただけで志望したり、給料や安定を見て判断してしまうと中々上手くいかないでしょう。

例えば昔から人に教えることが大好きであれば教育業界が良いかもしれないし、自分が作った物に対して褒められたり賞賛を受けることにやりがいを感じるのであれば、メーカーが良いかもしれません。

多くの学生は自己分析の結果、「金融業界には向いていない」や、「メーカーは自分に合っている」と断定することが多いですが、大事なことは自分が好きか嫌いか、やりたいかやりたくないかという現時点での感情です。

 

就活は大学受験と大きく異なり、周りとの比較ではありません。自分がやりがいを感じる瞬間や熱中できるものは既に経験しているはずです。そこから仕事を探していくと自ずと自分に合う企業が見つかると思いますので、自分の直感に従う勇気を持って就活に臨んで下さい。

 

内定塾講師 池田陽介

Pocket