スマホ版ヘ

2014年10月10日(金)

ES:『200』『400』『600』『800』の文字数パターンを作成しよう

noimage

島津先生就職活動が本格化すると手が回らなくなるのが『ES作成』です。多くの企業を受ければ受けるほどESを提出する回数も増えます。そして、その度に設問に答えて記入する・・・といったことが繰り返されます。

しかし、ESで最も多く聞かれることは「自己PR」と「学生時代がんばったこと」の2点です。その他の設問に関してはその都度考える必要がありますが、この2項目については効率良く対応したいものです。

 

効率良く対応する方法として、【事前に複数の文字数パターンで文章を作成しておく】ということです。文字数を増やしていくことは時間もかかり、就活中には時間がもったいないと感じることがしばしばです。そのため、「自己PR」と「学生時代がんばったこと」の2項目のみで結構ですので、『200文字』『400文字』『600文字』『800文字』といったパターンで事前に文章を作成しておいてください。このように複数パターンを作成しておくことで、汎用的にESを作成することができます。

 

企業説明会が始まるとES作成のピークになり何もできなくなりますので、今の時期から準備に取り掛かってみてください。

 

 

「内定塾」講師 島津 裕之

Pocket