スマホ版ヘ

2014年07月14日(月)

インターンシップ:関西の学生はインターンシップに行った方がいい??

noimage

竹村先生学生生活は、今までの人生において一番自由な時間がある期間でもあります。

 

さて、時間がある学生生活の中で、現3回生の学生に問いたい事があります。今の時期は、何をして過ごしているのか。アルバイト、サークル、資格勉強、ゼミの研究、留学、旅行などなど様々だと思います。ただし、忘れてはならない事が1つあります。現3回生の皆さんは、そう、来年の3月から就職活動がスタートします。そこでオススメなのが、「インターンシップ」です。何故オススメするのか、理由は2つあります。

 

 

1つ目は、関東の学生・他大学の学生との出会いです。有名企業のインターンシップのほとんどが関東開催となっています。関西と関東を比較すると、意識・レベルが高い学生は関東の方が多い事も事実です。初めは、ただ圧倒されるだけになるかもしれません。しかし大切な事は、その経験を得て今後にどう活かすかです。また、意識の高い学生と知り合う事が出来る。しかも自分が住んでいる地域を離れて。これは自分の人生において、多くある事ではありません。相談をし、情報共有も出来る。そんなかけがえのない大切な仲間を見つけてほしいと思います。

 

 

2つ目は、本番の就職活動を感じ取ることが出来ます。インターンシップに参加する為には、エントリーシートや面接に受からないと参加することは出来ません。仮に受からなかったとしても、エントリーシートや面接の中身を考える良い機会になり、3月には良い状態で臨めるのではないかと思います。

 

 

インターンシップに合格・不合格は当然あります。今年に至っては下手をすると、本番以上に厳しいかもしれません。しかし、仮に不合格でも、受ける為に行ってきた努力は決して無駄にはならないのです。

 

 

「内定塾」講師  竹村康孝

Pocket