スマホ版ヘ

2014年05月26日(月)

インターンシップ:就活 インターンシップについて

noimage

竹村先生

2016卒(現3回生、大学院1年生)の学生さんと面談していると、「インターンシップ」というワードが聞こえてきます。

 

インターンシップとは一言で言うと、学生時代に企業の就業体験が出来るという制度です。さらに近年では、非常に内容の凝ったカリキュラムを用意している企業もあります。

 

私自身も在学中に、何社かインターンシップに参加をさせていただきました。

3日間のものや1週間、はたまた1カ月以上のものもあり、実際に賃金が発生する企業もありました。

皆さんがもしインターンシップに行ってみようと思うのなら、皆さんなりの「目的」を持って行ってください。

 

目的は、人によって様々だと思います。

行こうと思っている業界、企業を見に行く、実際の仕事を経験する、就職活動の事を少しでも知りたい。

などなど何でも良いです。

 

ちなみに私自身の目的は、オフィスのリアルな空間を身を持って感じたかったこと。

そして、就職活動の情報を得ることでした。

実際行く前と後では、考え方に大きな変化が出たと思っています。

またそこで知り合った就活仲間は、今も連絡を取り合う仲です。

 

皆さんも、周りの友人が行くからと周りに影響されるのではなく自分から積極的に動いてみて下さい。

そして自分にとってのプラスの情報を持って帰ってください。

 

「内定塾」講師 竹村 康孝

Pocket