スマホ版ヘ

2014年05月23日(金)

身だしなみ&マナー:企業とのメールやりとりについて

noimage

山本先生

あなたは今メールボックスに未返信のメールが溜まっていませんか?

就活時において、企業とのメールやりとりで押さえるべきポイントを見て行きましょう。

 

〇ビジネスメールは即レスが基本!

企業からメールを貰ったらすぐに返信をすることを心掛けましょう。

回答を求められている場合、どんなに遅くとも24時間以内だと思ってください。

 

 

なかには、スケジュールの調整が必要な案件や考えてから回答するべきメールなど、時間を要する場合もあるでしょう。

その場合でも、きちんと回答が作れるまで放置することはいけません。

「お待たせして申し訳ありません。〇〇日までに返信をさせて頂きます」等、

必ず現在の状況、進捗を返信してください。

 

今やメールはビジネス上、最重要なコミュニケーションツールだといっても過言ではありません。社会人においては1日100件以上のメールやりとりがあることもめずらしいことではなく、スピード感を大事にする企業では、メールの返信が遅いだけで「仕事ができない人」と思われてしまうことも少なくありません。

就活時代から癖をつけておくことをおすすめします。

 

〇送る前にこれだけは最終チェック!

・会社名(株式会社の位置、正式名称かどうか)

・担当者名(名前の変換ミスは許されません)

・日時、曜日(必ず手帳やカレンダーで再度確認して)

・添付資料(添付したものは合っていますか?)

 

以上4点に間違いはないですか?

 

どんなに急いでいたとしても、致命的なミスをしないために、

送る前には必ずチェックしましょう。

 

「内定塾」講師 山本 静津香

Pocket