スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

志望動機:企業を選ぶ指標とは?!

noimage

就職活動を進める中で、最も多く耳にするようになる言葉の一つが「志望動機」ではないでしょうか。

「私が御社を志望した理由は~」や「~という経験から御社を志望するようになりました。」

など定番の言い回しを皆さんもエントリーシートや面接の中で使うことになるでしょう。

しかし、これらの志望動機の多くは、多くの内定をもらうために「その企業に合わせて作った志望動機」ではないでしょうか。

なぜなら、第一志望の企業から必ず内定をもらえるとは限らず、なるべく多くの企業から内定をもらっておこう、とみんな考えるからです。

そこで、実際に多くの企業から内定をもらってしまった場合を考えてみてください。

みなさんはどのようにして入社する企業を選びますか?

もちろん内定をもらった企業の中に第一志望があればそこに決める人が多いでしょう。

しかし、第一志望の企業から内定をもらえなかったり、

選考が進む中で志望度が高まった企業もあったときには大いに悩みますよね。そんなとき、どのように企業を選べばいいかの指標をいくつか紹介したいと思います。

 

指標①:自分がやりたいこと

 

「この企業(業界)に入って○○がしたい!」のように、社会人になってやりたいこと

が明確になっている人はその気持ちを大事にしましょう。

また、どの部署でどんな業務に携わればいつ頃それができるのか、

というキャリアビジョンを明確にすればより志望企業が絞れるのではないでしょうか。

 

指標②:自分に向いていること

 

自己分析の結果、「自分にはこんな仕事、こんなやりがいを得られる仕事が向いている!」

もしくは「社風が自分に合っていて、社員の方の人柄にも惹かれた。」というマッチングを行ったのならば、さらに具体的に詰めていきましょう。

自分に向いていると思う仕事の中で、さらに興味のある仕事が見つかれば、そこで働いている自分がよりリアルに想像できるのではないでしょうか。

 

指標③:自分を高く評価してくれたこと

 

選考の中で多くのフィードバックをもらうことがありますよね。

そこから、「その企業がどのような位置づけで自分に内定を出したのか」を読み取ってみましょう。

例えば、「多くの新卒採用を出す中の一人として内定をもらう」のと、「かなりの期待をされて出された内定」とでは働き始めてから違いが出ることが予想されます。

特に後者の場合は、自分でも想像しなかった業務で活躍できる可能性があるかもしれません。

期待されている環境の方が自分のパフォーマンスを最大限に引き出せる人にとっては大きな要素になるでしょう。

 

もちろん、これらの指標は内定後に限らず、選考を受ける企業選びにも用いることができると思います。

まだ志望企業が固まっていないという方は是非参考にしてみてください!

「内定塾」インターン 山口 幹貴

Pocket