スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

自己PR:あなたはガクチカ型?志望動機型?

noimage

就職活動の中で最低限就活生が用意するものとして、

「学生時代に最も力をいれたこと」

(これを“ガクチカ”と略す学生が増えているそうです。)と「志望動機」が挙げられます。

それはエントリーシートの設問や面接での質問など、

何度も聞かれることになるはずです。

いわば「その学生がどんな人物なのか」を知る大きな指標であり、

“自己PRの最大の武器”になります。

さて、みなさんの中に「自己PR=ガクチカ」と考えている人はいませんか。

もちろん間違ってはいませんがそれは狭義に過ぎません。

前述した通り、広義には「志望動機」も自己PRに含まれるのです。

今回はその点を意識して自己PRの方法をいくつか紹介します。

 

タイプ①:ガクチカ型

 

「学生時代に最も力をいれたこと」をメインの武器として自己PRを行うタイプです。

面接は学生が一方的に自己PRを行うわけではありません。

会話のように双方向的に進みますので、面接官の興味をひく話題であれば、

面接時間の多くがこのガクチカに割かれる

ことになるでしょう。また、過去の自分の取り組みからの自己PRだということができ、自

分の“行動特性”のPRとも言えます。

 

タイプ②:志望動機型

 

「志望動機」をメインの武器として自己PRを行うタイプです。

志望動機がはっきりしていて、説得力のあるものであれば、

それだけ企業研究も重ねられたということが伝わり、

面接官も学生の志望度が高いと感じるはずです。

これは未来の自分への取り組みからの自己PRだと言えます。

しかし、面接官は実際にその仕事に就いているわけですから、

あまりに見当違いな志望動機を用意してしまうと逆効果になってしまいます。

 

タイプ③:ガクチカ=志望動機型

 

「学生時代に最も力をいれたこと」と「志望動機」に有機的な繋がりのある自己PRを行うタイプです。

「学生時代に最も力をいれたこと」を話しているのに「志望動機」にも聞こえる、

「志望動機」を話しているのに「学生時代に最も力をいれたこと」とも繋がっている、

そんな一貫性のある自分を表現できれば、自己PRに相乗効果が出るはずです。

 

 

理想的なのはタイプ③でしょう。

しかし、「ガクチカのPR力に自信がない」、

「志望動機にどうしても説得力がない」などの悩みを持つ人もいるかもしれません。

自分をPRするのに最も効果的な方法を探してみましょう!

「内定塾」インターン 山口 幹貴

 

Pocket