スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

その他:就活はストレスとの闘い!心のケアを。

noimage

全国大学生活協同組合連合会による

「第48回学生生活実態調査の概要報告」(2012年10~11月調査実施)によれば、

就職に不安を「感じている」大学生は全体で75.3%と、

2011年に比べて1.7ポイント増加しているようです。

「本当に就職できるだろうか」、「希望の会社に入れるだろうか」、

就職活動に不安はつきものです。

就職活動を始める前ですら不安を感じるのに、

実際に就職活動を始めてみると心の負担はさらに大きくなります。

 

OB・OG訪問などで初対面の人とコミュニケーションをとったり、

採用面接やグループディスカッションを受けたり、

ときには圧迫面接を受けることもあります。

さらには、希望していた会社から不合格の通知が届いたり、

友達が次々と内定が決まっていったり・・・。

就職活動は、不安と緊張の毎日です。

 

そんなストレスのかかる就職活動を続けていく上では、

「心のケア」が大切です。

心に負担をかけたままの状態が続くと、

やる気がなくなったり、眠れなくなったり、ひどい場合には、

めまいや頭痛・腹痛など体に異常が生じたり、

抑うつ状態に陥ることもあるようです。

 

このような状態になってしまっては、

もはや就職活動を続けることもできなくなってしまいます。

就職活動を頑張るあまり、かえって体調を崩してしまっては元も子もありません。

 

ストレスとうまく付き合うためには、

自分自身のストレス解消法をもつことが大切です。

そんなストレスの解消の方法の一つとして、

ハーブティーはどうでしょうか。

 

ハーブティーは、もともとは修道院などにて民間療法の薬草として発展してきたもので、

ひとの体と心に働きかける効果があるようです。

中でも、カモミールは、気分を落ち着かせてくれるハーブとして、ストレスや不安、不眠にもよいといわれています。

 

忙しい就職活動の毎日の中で、ゆっくりとハーブティーを飲む時間を作ることもいい気分転換になるでしょう。

ストレスの解消法は、人それぞれです。

自分自身を見つめ直す機会の多い就職活動。

何をすることが好きで、何をしているときに癒されているのか、

自分なりのストレス解消法を見つけることも1つの自己分析なのかもしれません。

 

就職活動は長期戦です。

一度、ストレスとの付き合い方についても考えてみるとよいでしょう。

 

「内定塾」講師 奥村 俊樹

 

 

Pocket