スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

志望動機:明確な志望動機

noimage

谷田貝先生皆さん、志望動機の記入に悩んでいませんか?

本日は志望動機と企業研究についてお話したいと思います。

就職活動を行なううえで、多くの企業にエントリーする事でしょう。

その際、エントリーシートや履歴書の記入の際に一番悩むのが志望動機だと思います。

 

本心では、一つでも多くの企業から内定を獲得したいから、

大手企業だから、自分が知っている会社だから、面接の練習をしたいから、等々。

もちろん、本気で入社したいと思っている企業もあるとは思いますが、きっと理由は様々ですよね。

あなたにはエントリーする全ての企業に明確な志望動機がありますか?

正直、全ての企業に明確な志望動機がある就活生はごくわずかではないでしょうか。

エントリーシートや履歴書に記入する志望動機が曖昧なものであれば、その時点で不合格となり、

次の選考に進むことが出来ません。

ですので、エントリーする企業の志望動機はしっかりと記入しなければなりません。

 

では、志望度が高くない企業の志望動機はどの様に作り、アピールすればよいのでしょうか。

闇雲に自分の人間性や、思い・考えを伝えるだけではいけません。

 

ポイントは自分の人間性や考えが、

志望企業の企業理念や、働いている社員の考え方と合っている部分をしっかり主張する事が必要となります。

 

自身の経験を元に、

「こんな力があるので貴社に貢献できると考え志望します。」と記入した場合、

それだけでは「ウチじゃなくてもいいんじゃないの?」

と考えられてしまいます。

志望動機を記入する際は、必ず志望企業の企業研究を行ない、

自身の人間性や、思い・考えとマッチしている事を伝えて下さい。

多くの企業のエントリーシートや履歴書を書く上で、

面倒ではありますが企業研究を欠かさず行なう事で通過率も必ず上がります。

ですので、企業研究は必ず行なってくださいね。

 

「内定塾」講師 谷田貝 哲郎

 

Pocket