スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

学生時代に力を入れたこと:質問の意図を考える

noimage

石橋先生

面接前に就活生が必ず用意するのが

この「学生時代に力を入れたこと」です。

就活生は意外と知りませんが、

なぜこの質問が最もよく聞かれるのか考えてみましょう。

 

大学生活の中で、誰もが様々な経験を積みます。

学業、サークル、アルバイト、ゼミなどです。

まず、これらの中から、

「何を選択して、何故力を入れた」のかが大切になります。

大学生活は、義務教育では無いので、比較的自由に活動できます。

そのため、力を入れる活動の種類もその理由も千差万別になります。

例えば、塾の講師に力を入れたのであれば、

人の人生に関わる事に価値を見出して、講師を選んだのかもしれませんし、

単に時給が高いからかもしれません。

 

このように、「力を入れる理由」を明確にすることで、

その人の考えや志向性が見えてくるのです。

就活生が「学生時代に力を入れたこと」を作成する前に、

自分自身がそれら活動に「力を入れた理由」を真剣に考えてみて欲しいと思います。

そうする事で、面接にて自分が話すべき内容も見えてくるはずです。

 

次に、「学生時代に力を入れたこと」から見えてくるのは、その人の特性です。

前述の通り、学生時代は義務教育ではないため拘束力がありません。

これにより、いつ何時でも辞める事や逃げる事が可能になります。

しかし、「力を入れた」ということは、辞めたり逃げたりせずに、

最後までやりきった経験になりますので、その人の「真の姿」が見えてきます。

基本的には、土壇場でこそその人の特性が表れると考えられていますので、

「学生時代に力を入れた経験を聞く」ことは

その人の「真の姿」もしくは特性を聞くのと同じ事になるのです。

こちらも同様に、作成前に自分のどのような特性をアピールしたいのか考えながら作成する必要があります。

このように人事はしっかりと考えた上で質問をしてきています。

 

それに対して、就活生もしっかりと考えた上で、エピソードの作成をして欲しいと思います。

「内定塾」講師 石橋 正行

Pocket