スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

就職活動全般:解禁後からの就活の進め方

noimage

 

水本先生今回は、特に志望している業界や企業がない方向けに、

就活の進め方をご紹介させていただきます。

 

【1】とにかく時間が許す限り動きまくれ!

就活の進め方には答えはありません。

一番危険なのは、やり方がわからないと言って、何も行動しないこと。

当時、理系だった私はやりたいことが見つからないまま、

就活が解禁されました。

そこで私が行ったことは、まず知っている会社にとりあえずエントリーをして、

時間が許す限り説明会に出向くようにしました。

そうすることで、今まで知らなかった業界や企業など、

社会の動きが少しずつ把握できるようになってきました。

 

行動量に比例して、内定を獲ることができる確率も確実に上昇します。

 

雇用情勢が厳しいから内定が獲れないのではない。

行動量が足りないから内定まで辿りつかないケースがほとんどです。

 

【2】必ず振り返ることを忘れるな!

上述した行動量を増やすだけではなかなか身に付かないこともあります。

就活で行動したときは、必ず自分の行動・感情を振り返ってください。

 

例えば、説明会などに参加した際、

「その企業の説明会は自分にとって楽しかったのか?そうでなかったのか?」

「なぜそのように感じるのか?」

という感覚的な切り口から、自分と企業を照らし合わせてみましょう。

そのような振り返りを続けることで、自分が企業を選ぶ際に、どのような点を重視しているかが見えてきます。

やりっぱなしにしないで、自分の行動と感情を振り返ることをおススメします。

 

就活には正解はないです。

自分で正解を見つけるしかないのです。

だから、たくさん行動し、社会との接点を増やしてください。

そうすれば、自ずと就活のゴールが見えてきます。

未来に対して恐れず、突き進んでください。

 

「内定塾」講師 水本 幸太郎

Pocket