スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

自己PR:何をアピールすればよい?

noimage

松本先生就職活動を始めたばかりの学生が面談中に

「僕(私)には特にアピールすることがありません」

と言い出します。

 

この真意は、周囲の友人と比べて自慢できるエピソードがない、

もしくは特別自慢する強み・スキルがない、という意味です。

はたして、就職活動中の学生に、誰にでも自慢できるエピソードや強み・スキルを持っている学生がどれ程いるのでしょうか?

私は、今まで数多くの学生と出会ってきましたが、

その様な学生は皆無に等しかったと記憶しています。

実際、企業側も特別な学生(凄い学生)でなくても採用をしています。

(勿論、特別な学生がいれば採用したいと思うでしょうが)

 

つまり、就職活動におけるアピールでは、

周囲の友人と比べて自慢できるエピソードや強み・エピソードである必要がないのです。

 

恐らく、「アピール=人を引きつける魅力」

という言葉によって、多くの学生が悩まされているのではないでしょうか。

 

では、企業が求める「アピール」とは何かというと、

『自己PR』や『学生時代頑張ったこと』を通じて、

学生自身のキャラクターを知りたいだけなのです。

 

その為、自分自身が考える、自分の強み(良い部分)や価値観(考え方)を素直に伝えれば良いだけなのです。

 

これから自己分析を始め、『自己PR』や『学生時代頑張ったこと』のエピソードを書き進めようと考えている皆さん、

凄いことを書かなきゃいけないという意識を捨ててみてください。

 

また、「他人と比べてどうか?」を考えていると、

一向に自分自身の良さに気付くことはできません。

 

是非、自分の中にある、強み(良い部分)や価値観(考え方)は何かを考え、

それが発揮されたエピソードを選んで書いてみてください。

「内定塾」講師 松本 零央

Pocket