スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

グループディスカッション:グループディスカッションの基礎知識

noimage

GD(グループディスカッション)とは、

「出題されたあるテーマにについて議論し、

チームとしての結論を導き出す」という、採用手法。

 

面接では中々見られない、「他者とのコミュニケーション」や「集団での役割」図ることができます。

 

大手企業の4割近くが選考に導入しているほど、ポピュラーな採用手法です。

 

テーマの一例を挙げると、

「社会人と学生の違いは」

「商店街を活性化させる方法を考えよ」

「日本全国の信号機の数は」

「自社の新商品を企画しプレゼンせよ」

などなど、企業によって様々。

 

制限時間や人数も企業によって異なりますが、

「5~6名のメンバーで、30分のディスカッション」が、最も一般的と言われています。

 

GDを攻略するポイントの一つとして、「全員で協力する」という点が挙げられます。

全ての企業に共通して言えることですが、一人の力で仕事を進めることは困難です。

 

仕事とは、社外のクライアントだけでなく、他部署も含めた社内の様々な人々との協力によって成立されます。

 

相手の意見を否定し、自分の考えを無理矢理押し通すだけでは、仕事は成立しないのです。

 

GDも同様。

価値観や考え方、性格もバラバラな学生同士が、

限られた時間の中でいかに協力し、課題解決に導くかがポイントです。

自分の考えを主張することはもちろん重要ですが、

「主張するだけ」で終わらず、周囲の考えを聞き入れながら、

最適な解決策を考案するように心掛けましょう。

 

複数名が関わる中での協調性やコミュニケーションは、

面接や適性検査だけでは図ることが出来ません。

 

実際に何らかの課題に取り組む過程でしか、

判断することが出来ないのです。

 

「全員で協力して、最高の成果を生み出そう」という意識を持って、GDに望みましょう。

「内定塾」講師 阪口 良平

Pocket