スマホ版ヘ

2014年03月04日(火)

自己PR:自己分析で誰にも負けないエピソード

noimage

宮川先生内定塾では、最初に自己分析面談といって、

学生の自己分析をサポートしています。

自分自身を見つめなおし、企業選びの軸を作ることや、

就職活動でどういう話をするのが良いのかを一緒に考えていくというのが主な目的です。

 

その自己分析面談でいつも学生から相談されること、つまり一番多い学生の悩みは毎年変わりません。

それは「他の学生に負けないネタ(エピソード)がない」というものなのです。

確かに、他人に負けないネタがあれば就職活動は有利です。

 

例えば、「サッカーの日本代表として活躍した」とか、「大学の成績がトップだったとか」。

こういうエピソードがあれば、エントリーシートでも面接でも他の学生には負けないかもしれません。

 

しかし、こんなエピソードある学生なんてどれだけいるでしょうか?

まあ、一握り、いや一つまみくらいの学生です。

そんな学生はどんな企業からも内定をとることでしょうし、

そこに張り合っても勝ち目はありません。

 

ただ、それで良いんです。

ちょっと考え方を変えてみましょう。

 

就職活動は1位で内定を獲得する必要はありません。

200人採用する企業であれば、200位で合格したってその企業に入社できるわけです。

話すネタなんて所詮は、過去の話。

誰にも負けないような話すネタがないのは、

大いに反省して、どうやって自分らしさや、

自分の想いを伝えられるかを考えてみましょう。

 

「家庭教師のアルバイトをした」という良くある話であっても、

そこに自分の考えや、想い、自分らしさを付加すると、自分らしいエピソードになります。

 

どうしても担当生徒の成績を上げようと思って、予定時間の5分前に生徒宅に行き~

とちょっとした工夫でも良いのです。

そのエピソードのどの部分に焦点を合わせて伝えるかによって伝わり方も変わります。

 

「他の学生に負けないネタ(エピソード)がない」がないと嘆くそこの貴方!

嘆く時間があったら、そのエピソードをどのように伝えれば自分らしさが相手に伝わるかを考えてみましょう。

 

「内定塾」塾長 宮川 洋

Pocket